たとえアパートが鉄骨であっても木造であっても、マンション修繕というのは定期的に必要になってきます。いわば、どんなビルでもマンション修繕は不可欠なのです。なぜかと言うと、どんな物でも時間が経つにつれて古くなり、劣化します。これをそのまま放っておけば物質は崩れ落ち、崩壊してくずと化してしまいます。マンション修繕も同様です。マンション修繕を行わないで何十年も経った物件と、大規模修繕を定期的に行った物件とは雲泥の差が出てきます。勿論、大規模修繕を行う事によってビルそのものの資産価値が上がるという事も容易に想像できるでしょう。ボロボロのお化け屋敷の様なビルに住むより、ピッカピカのビルに住みたいですもんね。