ソフトウェアの導入というと一昔前まではハードディスクなどにパッケージソフトをインストールするという状況だったわけですが、現在ではオフィス用のアプリケーションソフトを初めとして企業がビジネスで使うためのソフトウェアはサーバー内に格納してあってそれを全社員が共有して使うというタイプになっています。
ただやはり社内だけで通用する情報セキュリティだけだと取引先とのデータやり取りがスムースに行かず、スムースに活かせようとセキュリティ準備をゆるめにすると機密情報の漏洩につながってしまうため、業務に関係するファイルはほとんど全てを暗号化するという暗号化ソフトが業務システムに組み込まれています。
こうすることで暗号化した業務データファイルに誰がアクセスしているかといった状況追跡もできるFinalCodeという暗号化ソフトが、クラウドコンピューティングを駆使して運用されて大変評判になっています。
このFinalCodeという名称の暗号化ソフトがもつ意味というのは、紙媒体だと取引先に渡した資料がコピーされたりして機密漏洩につながってくるのをアクセス時からしっかりと把握して追跡できるようにあらゆる業務データを暗号化して情報セキュリティを万全にしていく意味といえるのです。
ファイル暗号化・追跡ソリューション FinalCode(暗号化ソフト)