損害賠償請求を行いたいけれど、どのような手続きを行えばよいのかわからない方がほとんどだと思います。
やはり、スムーズに請求を行わなければ、トラブルになってしまうこともあるのです。
例えば、後遺障害がある場合の損害賠償請求は、非常に難しい請求内容になります。
その理由として、後遺障害というのは、医学的な治療は完了していても、完全な治癒に至っていない状態のことです。
つまり、生涯にわたって、体に不具合が生じると言う状態になっています。
医学的な治療の場合は、明確な治療費用などがわかりますが、こちらですと、生涯にわたっての不具合となりますので、明確な請求額が解りません。
請求額が分からない時に、判断されるのが医師による後遺障害診断書です。
こちらを基にして、何級に該当するのか判断します。
こういった専門的な知識を持っていなければ、正しく請求をすることができません。
その為、専門的な知識を持っている法律事務所へ相談しましょう。

※↑に関してココもおすすめ