「トタン葺き屋根」というのは材質的に非常に軽く、価格が非常に安価であるといった利点がある事から、現在でも多くの倉庫などの屋根素材として一般的に幅広く使用されています。
しかしトタン葺き屋根というのは定期的にきちんと塗り替えを行っていても、軒先は年数を重ねると傷みやすく、また軒先の構造上、雨水が桟鼻や下地の木材に回り込み、腐朽させやすいといったデメリットもありますので、屋根塗装の塗り替え時期には大事に至らないうちに、そういった部分の補修も同時に行ってやる必要があります。
ちなみに神奈川県下で豊富な屋根塗装実績を持つ『サンテック』では当然、トタン葺き屋根塗り替え時期に塗装工事と補修工事を同時に行える大変高い技術を有した腕の立つ職人さんを、自社でキッチリと抱えていますから安心してご依頼して頂けるんですよ。
なお多くの屋根塗装業者においては、工事の受注先と施工主が全く違うという事も当たり前にありますから、どうしてもその日やってくる職人さんの腕によって作業の仕上がりにバラツキが出てしまい、後々大きな欠陥が露見するケースも珍しくなかったりします。
もし請け負った作業は下請けに回さず、自社のみでキチンと完結してくれる業者をお探しならば、サンテックはその条件にピタリと適合する業者であると言えるでしょう。