昔から人に教えることが好きだったせいもあり、高橋壮志は自然と教育の道を志すことに。
それが、現在では中学生の指導を受け持つ毎日を送っています。
子供が好きだからというのも今の仕事に就いた一因なのでしょうが、何よりも繋がることが彼の原動力。
「わかる」という楽しみが勉強から感じられるようになれば、きっと高校に向けた積み重ねも苦しいものではなくなります。

発想の転換を見据えた塾での指導は、コツコツ頑張った努力をテストの成績で感じさせてくれるでしょう。
それは、自らが体験した勉強への思いが、高橋壮志の教育熱心なエッセンスとなっているのでしょう。
妥協することなく目の前の子供を伸ばすことに力を注ぐ指導は、保護者にとっても頼もしいもの。

自らも成長するために日々の仕事をこなしている高橋壮志は、中学生に勉強を教えるだけでなく、心を磨く努力もしています。
「この人に相談して良かった」と思えるような存在になるようにと、一生懸命に行動しているのでしょう。